ラボテックのロゴマーク 株式会社 ラボテック    

 ピ ペ ラ シ リ ン


 
T.製品要覧

一 般 名

略号

剤形

規格単位

商品名

メーカー

ピペラシリン

PIPC

注射

2g1瓶
1g1瓶
4g1瓶
1g1キット
2g1キット
1g1瓶(溶解液付)
アルカベミン
シー・エイチ・オー新薬
タイペラシリン
大洋薬品工業
注射用ピペラシリン
日本医薬品工業
ビクフェニン
マルコ製薬
ビシリアント
シオノケミカル
ピペユンシン
ケミックス
ブランジン
東和薬品
ペントシリン
大正富山医薬品
ペンマリン
沢井製薬
赤:先発品
 
<類似の抗菌力を示す他の薬剤>
U.用法・容量 
通常成人には、1日2〜4 g(力価)、2〜4回に分けて静注する。
小児には、1日50〜125 mg(力価)/Kg、2〜4回に分けて静注する。
難治性又は重症感染症には症状に応じて、1日8 g(力価)、小児では、1日200 mg(力価)/Kgまで増量して静注する。
静注は、注射用水、生理食塩液又はブドウ糖注射液に溶解し緩徐に行い、点滴静注には1〜2g(力価)を100〜500 mlの補液に加え、1〜2時間で注射する。
点滴静注用の溶解に当たっては、注射用水を使用しない(溶液が等張にならないため)。
筋注には、1 g(力価)をリドカイン注射液(0.5%)3 mlに溶解し注射する。

筋注用:
1日2〜4 g(力価)、2〜4回に分けて、1 g(力価)当たりリドカイン注射液(0.5%)3 mlに溶解し、筋注
難治性又は重症感染症には症状に応じ、適宜増量
V.有効菌種
ピペラシリンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、大腸菌、シトロバクタ−、肺炎桿菌、エンテロバクタ−属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、インフルエンザ菌、緑膿菌、バクテロイデス属、プレボテラ属(プレボテラ・ビビアを除く) 
W.適
敗血症、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、膿胸、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、胆嚢炎、胆管炎、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、子宮旁結合識炎、化膿性髄膜炎
X.作用機序 
細菌の細胞壁ペプチドグリカンの生合成を阻害し、殺菌的に作用する。
ペニシリン結合蛋白3に親和性
 
Y.排泄経路
腎………約60%、  肝………約40%
Z.体内分布(移行性)
<最高血中濃度>
1時間点滴(1g): 59.1 μg/ml、   1時間点滴(2g): 130.0 μg/ml  
 
<血中半減期>
1時間点滴 : 53分、   静 注: 41分、   筋 注: 45分
 
<体内移行性>

高濃度

中濃度

低濃度 

腎、 尿路
扁桃腺 
 
喀痰、 気管支分泌液
羊 水
 
肝・胆汁
眼 
 
骨 髄
母乳
 
骨盤腔
 
 
臍帯血
 
 

 
 
腹 腔
 
 
髄 液
 
 
腸 管
 
 
副鼻腔
 
 
筋、皮下組織
 
 
胸 腔
 
 
歯 槽
 
 
 
[.副作用 
過敏症、 肝障害、消化器障害、 血液・造血器障害、 ショック、 腎障害、 精神・神経系障害、 Vit.B・K 欠乏症、 偽膜性大腸炎、その他(菌交代症、 ※痙攣(腎不全時)
※大量投与時 
\.禁 忌
本剤の成分によるショックの既往歴のある患者

伝染性単核症の患者:
ペニシリン系抗生物質の投与で発疹が出現しやすいという報告がある。
筋注用:

既往にリドカイン又はアニリド系局所麻酔剤に対する過敏症を起こした患者 
].原則禁忌
本剤の成分又はペニシリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者 
]T.慎重投与
セフェム系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者:
ショックが現れるおそれがあるので、十分な問診を行う
本人又は両親兄弟に気管支喘息、発疹、じんま疹等のアレルギ−反応を起こしやすい体質のある患者:
アレルギ−素因のある患者は過敏症を起こしやすいので、十分な問診を行う。
高度の腎障害のある患者:
高い血中濃度が持続するので、投与量の減量又は投与間隔をあけて投与する(体内薬物動態の項参照)。
経口摂取の不良な患者又は非経口栄養の患者、全身状態の悪い患者:
食事摂取によりビタミンKを補給できない患者では、ビタミンK欠乏症状が現れることがあるので観察を十分に行う。
出血素因のある患者:
出血傾向を助長するおそれがある。
肝障害のある患者:
血中濃度が持続するおそれがある。
]U.重要な基本的注意事項 
本剤によるショック、アナフィラキシー様症状の発生を確実に予知できる方法がないので、次の措置をとること。
@. 事前に既往歴等について十分な問診を行うこと。なお、抗生物質等によるアレルギー歴は必ず確認すること。
A. 投与に際しては、必ずショック等に対する救急処置のとれる準備をしておくこと。
B. 投与開始から投与終了後まで、患者を安静の状態に保たせ、十分な観察を行うこと。特に、投与開始直後は注意深く観察すること。
]V.併用注意
メトトレキサート : 
メトトレキサートの排泄が遅延し、メトトレキサートの毒性作用が増強される可能性がある。
血中濃度モニタリングを行うなど注意すること。
]W.床検査値への影響
 
本剤の投与により、クリニテスト、ベネディクト試薬等の還元法による尿糖検査では、偽陽性を呈することがあるので注意すること。
**本剤の投与により、侵襲性アスペルギルス症の診断に用いられる血清中アスペルギルス抗原(ガラクトマンナン)の検査では、偽陽性を呈することがあるので注意すること。


株式会社ラボテック